あなたは私 私はあなた

心と身体の癒し、全ての繋がりを探し求めるブログ

お彼岸の時期2018年9月は?お参りやお供え物について

もうすぐお彼岸ですね。

こんにちは  ツバキです。

 

お彼岸と言えばお墓参りですね。

お彼岸は年に2回、春と秋にあります。

 

【お彼岸の時期と由来や意味について】

春分秋分は太陽の位置に関係し、ほぼ真東から上り、真西に沈む時期を観測し、暦象年表に基いて閣議で決められているようです。

今秋のお彼岸の時期

2018年9月20日~9月26日までの期間です。

秋分の日を中日とし前後3日間をあわせて7日間です。(春のお彼岸も同じく7日間です。)

前3日間を彼岸入り、後3日間を彼岸明けといいます。その間の1日が中日で秋分の日になる訳です。

 

秋分の日は国民の祝日になっているので、お休みですね。

お休みは嬉しいのですが、お彼岸と聞くと「お墓参り」を連想するのではないでしょうか?

 

お彼岸にお墓参りをする理由と意味

彼岸という言葉は、サンスクリット語の「パーラミター」の漢訳「到彼岸」の略だといいます。

元々仏教の用語で、「煩悩に満ちた現世である此岸(しがん)を離れて修行を積むことで煩悩を脱して、悟りの境地に達した世界(彼の岸)に到達する」という意味をもちます。

お彼岸の意味

此岸とは三途の川を挟んで、私達の住んでいる世界のことを言います。そして彼岸とは、仏様の世界のことを言います。

 

つまり、此の迷いの岸である現実の世界から、彼の悟りの岸である仏の世界へ到達するという意味です。

 

 煩悩とか悟りとか普通の人とはかけ離れた修行をなさっているのですね。

 

お参りの理由

お彼岸にお墓参りは日本独自の文化だそうです。もともと日本人は農耕民族でした。先祖供養や自然に対し感謝の気持ちを大切にしていた習慣がありました。

 

お彼岸の中日(秋分の日)は「先祖をうやまいなくなった人々を偲ぶ」と言う意味があり、(春分の日)は「自然をたたえ、生物をいつくしむ」と言う意味があるそうです。

 

私達日本人は、昔からご先祖様や農作に感謝して来ました。素晴らしい文化だと思います。お参りする時は、生かされていることへの感謝、ご先祖様への感謝の気持ちを伝えましょう。

 

 お彼岸はご先祖様に手を合わせ、感謝をするいうだけでなく、お彼岸にしか合うことの少なくなった家族との、感謝や縁(絆)を改めて感じる機会にするのもいいですね。

 

【 お彼岸にすべきこと】

特別なことはする必要はありません。普段より丁寧に時間をかけて、準備しましょう。

 

仏壇・仏具・お墓のお手入れ

 忙しい毎日の中、あまり手をかけていないことが多いと思います。仏壇や仏具・お墓まわりを何時もより丁寧にきれいにし、清めることから始めます。

 

墓石に水をかけ、磨いてあげましょう。その時間を大切にすることで、亡くなった方やご先祖様を身近に感じると思います。

 

お供え物は季節のものを

仏様にお供えをする時、一般的には季節のお花や仏飯、生前故人の好きだったものなどがありますよね。

 

お彼岸にはお寺に行かれる方もいらっしゃるでしょうし、知人や親戚の家に訪問される方もいらっしゃると思います。

 

お彼岸で持っていくお布施やお供え物に、悩んでしまうことってありませんか。

 

地域よって多少の違いはあると思いますが、選ぶ時のポイントを少しだけ、ご紹介したいと思います。

 

お寺さんへは日持ちのするお菓子やお茶菓子が一般的かと思います。

例えば、お饅頭・おせんべい・羊羹・クッキーなどをおすすめします。

 

知人や親戚宅への訪問時は、お菓子、お茶菓子はもちろんお線香や絵柄の入ったロウソク・季節の果物やお花、その他、故人の好きだったものなどを持参するのが良いかと思います。

 

なぜお供え物をするのか?

昔から云われていることなのでしょうが「故人が亡くなった後も、お腹をすかせて飢えないように」という心優しい思いやりからだと思います。

 

終わりに

人は亡くなるとどうなるのでしょうか?

身体は土に帰り、魂はあの世へ旅立つと言われています。

現世での修行を終えた魂は、新たなる修行の旅に出る

ための準備をしているのかもしれませんね。

 

またいつかあなたに合うために・・・

 

 

 最後まで読んで頂きありがとうございます。

あなたのお役に立てることを、心より願っております。