あなたは私 私はあなた

心と身体の癒し、全ての繋がりを探し求めるブログ

低体温は万病のもと!体温を上げて病に打つ勝つ方法。

f:id:tsubaki333tan:20190519004437j:plain


こんにちは。  ツバキです。

 

あなたはご自分の体温が、日頃どのくらいあるかご存知ですか?
 通常平熱と言われる体温は36.5℃~37.0℃と言われています。

 

現代の日本人の殆どが低体温であることが言えるようです。低体温化現象は若い人ばかりではないようです。私も36.5℃前後をウロウロしています。

 

様々な病気や症状には低体温が原因のことが多くあります。 また薬を飲んでも治らない病気の原因は、薬の飲み過ぎによる体温低下によるものとも言われています。

 

 

 目次

  

 低体温による現象(症状)

・36.5℃以上:免疫力もあり健康体
・36.0℃:寒さ(冷え)を感じ熱(体温)を上げようとする
・35.5℃:排泄機能低下・自律神経失調症・アレルギー症状などが出現する
・35.0℃:癌細胞が最も増殖する体温   
・34.0℃~33.0℃:生命の回復が出来るかどうかのギリギリのライン、又は凍死する前に幻覚が出てくる体温    

 
体温が0.5℃下がるだけで身体に与える影響が大きく、「冷えは病気を引き起こす」と言われています

 

 体温を上げることで、血行が良くなり、痛いところも和らぎ、あらゆる病気が快方へと向かいます。

 

リラックス効果もあり、身体を芯から温めてくれる一つとして入浴があります。
クナイプジャパン 入浴剤  自然岩塩を使用した入浴剤もお薦めです。

 

冷え(血行不良)は万病のもと

 冷えにより体温低下が起こると、細胞や臓器の代謝が悪くなり、血液の流れが滞るようになり、様々な症状を引き起こします。ほっておくと血液は汚れ悪化します。

 

身体の冷えのサインとして、目の下にくま、鼻の頭が赤い、赤ら顔、唇が紫、歯茎の色素沈着、青あざが出やすい、クモ状血管腫、掌が赤い、痔出血、下肢静脈瘤、生理不順、不正出血などがあります。

このサインを見逃すと血液が汚れてくるようです。

 

血液の汚れは万病を引き起こす

  ・血液の汚れとは老廃物である、乳酸・尿素コレステロール中性脂肪尿素窒素・ピルビン酸などが血中に増えることをいいます。よく聞く血液ドロドロ状態になります。

 


 ・血液は体全身に栄養や酸素を供給する役目をしています。その血液が汚れるということは、細胞が汚れ、傷み、病むということです。

 

・血液が汚れると、発疹・炎症・動脈硬化・高血圧・血栓・結石などの病気を発症し、これが悪化すると出血したり、ガンになったりすると言われています。

 

 体温が低下する原因には

            f:id:tsubaki333tan:20190519012842j:plain

あなたはこんな事やっていませんか?

①ご飯よりパンが好き
②朝は食欲がなくても朝食はたべている
③ペットボトルの飲み物をよく飲んでいる
④お風呂はシャワーで済ませている

 この4つの行為は今直ぐやめるべきと言われています。この行為が知らず知らずのうちに、身体から熱を奪っているからです。

 

身体を冷やしている6つの原因と対策

下半身の筋力不足  

 運動 不足、 つまり 筋肉運動 の 低下 が 産熱量 の 低下 を もたらすと言われています 。 よく 歩く こと や、 下肢 を 使う スポーツが 大切 になります。

 

 足 の 裏 は 第 2 の 心臓 とも いわ れますし、 下肢 の 運動 により 筋肉 の 収縮 と 弛緩 が 十分 に 行なわ れる と、「 乳 搾り 効果( milking action)」 で 血液 の心臓 への 還流 も よく なります。

 

 その 結果、 全身 の 血流 が よく なっ て、 体 の 全 細胞・組織 の代謝 が 促進 さ れ て 体 熱 が 上昇 してきます。  

 

冷房の悪影響

現代の社会では、電車やバス、車などの乗り物の中、オフィスやデパートの中、自宅の部屋の中までクーラーが利いています。

 

人工的に身体を冷やしているのですから、当然体温低下が起こります。その結果、血行不良になり、冷え性となるのです。

 

夏は必要以上にクーラーなどを使って身体を冷やすより、体内から体を冷やす食べ物で暑い夏を乗り越えることが必要なんだと思います。

  

ストレスによる血行不良

ストレス社会と言われる現代では、会社でも私生活の中においても、大小はあれ、少なからずあります。

 

緊張のホルモンであるアドレナリンやノルアドレナリンの分泌が高まり、血管が収縮して血行が悪くなります。これによって体温が低下してきます。

 

 精神的ストレスや私生活のみだれは、気づかないうちに身体の冷えを蓄積していると考えられます。ストレスを溜め込まないことが体温の低下を防ぐのかもしれません。

 

軽めの運動や入浴、自然の中を散歩したり、音楽を聞いて心を癒やすのもいいですね。

 

入浴の悪い習慣

若い方に多く見られるシャワーだけの入浴は、低体温化の一因になります。

 

 湯船にきちんと入ることで、新陳代謝を促し、体内の余分な水分を排泄して、体温上昇を促します。疲れているから、夏場だからと思うのでなく、そんな時こそ湯船に浸かりましょう。

 

            f:id:tsubaki333tan:20190519012947p:plain

 

身体を冷やしてしまう食べ物、食べ方

・食べ過ぎ

食べ過ぎると眠くなること良くありますよね。これは胃腸に多量の血液が集中することで、脳や筋肉、その他の臓器、器官、細胞などに血液量が少なくなった事を意味します。

 

 胃腸以外の部分に血液供給量が低下すると、体温も低下します。

 

・身体を冷やす食べ物

(水分の多い食べ物、南方産の食べ物、白っぽい食べ物、柔らかい食べ物、生野菜)

 南国の食べ物には、体を冷やすようにできていますし、油を多く含む食品は、体を冷やす性質があります。生野菜は水分が多く含まれているので体を冷やします。

 

 生野菜をそのまま食べるのではなく、煮たり焼いたり炒めたり、あるいは漬物などのように工夫して食べることが望ましいと思います。

 

・水分のとり過ぎ(ペットボトルでの)

「1日の水分は2リットルくらい取りましょう。」とよく聞きますが、その必要はないそうです。

 

 食物に水をやりすぎると根腐れしますし、湿気の多い時は不快指数も高く体調が悪くなることもあります。

 

 欲しくもない水分を無理に摂りすぎると、身体は冷え体温が低下し、病気を引き起こす原因にもなるそうです。水分摂取量は1日1.5リットル前後くらいが良いようです。

 

「水毒」という言葉を聞いたことがありますか?体内に余分な水が溜まり排泄できない状態のことをいいます。

 

症状としては、例えば平衡感覚を司る内耳に水が溜まることで起こるめまい、耳鳴り、吐気や嘔吐、などがあります。私も経験があるので大変厄介です。

  

⑥薬の飲み過ぎ(化学薬品)

 市販されている健康ドリンク、サプリメント、簡単に手に入る薬、そして病院へ行って医師に処方されるお薬、これらはほとんどが身体には有害とおっしゃる医師もいらっしゃるほど身体にとっては毒だそうです。

 

石原医師は「薬は化学薬品です。飲めば身体を冷やします。」と警告しています。

その典型的な薬剤が「解熱剤」で、文字通り熱を下げ、身体を冷やしているとも。

 

「人間の身体は自らを温め病気を治そうとしているのに、それを化学薬剤の整理毒性作用で冷まして、病気が治るはずもない」とも言っておられます。

(著者:石原結實(いしはらクリニック院長)「体を温める」と病気は必ず治る  ー薬はいっさい使わない最善の内蔵強化法より抜粋引用しております。)

 「体を温める」と病気は必ず治る―――クスリをいっさい使わない最善の内臓強化法 三笠書房 電子書籍

 

全てとは言いませんし、どうしてもという時はあります。ただ、飲み過ぎ飲み続けることが悪影響をもたらすと言うことです。

 

風邪で発熱した時、病院を受診したことは1度や2度はあると思いますが、その時処方されるのが解熱鎮痛剤です。「熱や痛みをなくす薬」と言って出されます。

 

 しかし、一時的に抑える事はできますが、身体を冷やすしていることは事実です。

 

ほとんどの薬は身体を冷やしますし、体毒になります。

 

身体はその薬に対し副作用として、薬疹や嘔気、嘔吐、食欲不振といったような症状は、身体を温めようとしているために出ています。

 

たった一つの薬品から心臓、肝臓、腎臓、高血圧症と様々な病気を引き起こす可能性があると言えるのではないでしょうか。

 

発熱の時は「食うな、動くな、寝てろ」の行動が回復への近道、とジャーナリストの船瀬俊介さんはおっしゃっています。「熱が出るということは、自己免疫により身体が回復しようと頑張っている証拠であり、自然治癒力と言っておられます。

 

病院を受診しても医師は本当のことを教えてはくれません。「薬を使わずに治す方法?」などと言います。それを推奨される医師はほんの一握りだと思います。

 

【終わりに】

体を冷やし、低体温になるということがどれだけの障害になっているか理解できましたでしょうか。

 

身体はサインを出し、警告をしています。それにどれだけ気づけるか、放置しないかで良くも悪くもなります。重くなる前に、まずは0.5℃上げることから始めませんか? 

薬が処方されたら、飲む前に必ず検索することをオススメ致します。

 

今回は少し長文になってしまいました。今年最後の記事になります。
体を暖かくしてお休みくださいませ。

 

  最後までお読み頂きありがとうございます。

あなたのお役に立てることを、心より願っております。