あなたは私 私はあなた

心と身体の癒し、全ての繋がりを探し求めるブログ

コーヒーは健康と美容にどんな効果があるの?

f:id:tsubaki333tan:20190119004454j:plain

こんにちは。  ツバキです。

  

コーヒー好きな方には、コーヒーの持つ独特な香りや苦味は、何とも言えない味わいがあると仰る方多いのではないですか? 

 

コーヒーの香りにはα波を出す効果があり、気持ちを落ち着かせリラックス効果をもたらします。

 

コーヒーに含まれるクロロゲン酸が加熱されることによって、カフェ酸ができ、独特の香りや色、苦味を作り出しています。

 

現代では、昔のように胃を荒らす、がんになる、シミを増やすなど、言われなくなりましたが、コーヒーには頭痛や胃痛をなだめ、眠気をはらうとし、煎じ薬として世界に広まったと言われています。

 

今回は、「コーヒーは昔から薬として利用されていた」ということから、コーヒーが病気の予防になっているかも知れないと思ったのでその記事になります。

 

目次

 

【カフェインの効果と危険性】

カフェインは紅茶や日本茶なでにも含まれ、中枢神経系を刺激したり、自律神経の働きを高めたりするので、眠気をはらったり、利尿作用があり老廃物の排出を促進させる効果もあることはご存知だと思います。

 

仕事や勉強をしていて眠くなることありますよね。眠くなる原因の一つにアデノシンという睡眠物質があります。この物質をカフェインは阻害し眠気をなくしてくれます。

 

カフェインは吸収が早いので、約30分~1時間程で効果が現れると思います。

 

また、カフェインには、集中力を高める効果もあるようです。更に自律神経の働きを高めるので、体脂肪を燃焼させる効果もあると言われており、ダイエットへの期待もあるようです。

 

頭痛や片頭痛がする時我慢していませんか?カフェインには血管を収縮させる働きがありますので、頭痛の軽減にもお役に立てると思いますよ。痛みがひどくなる前に、コーヒーを1杯お試しになってみませんか?


注意しなければならないのが、カフェイン依存症です。効果があるとは言え、毎日多量に飲んでいては、カフェインがないと落ち着かないという危険性になりかねません。

 

ポリフェノールの効果】

ポリフェノールは抗酸化作用が強く、活性酸素などの有害物質を無害にする作用があり酸化を防いでくれます。糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病の予防として有効ではと言われています。

 

コーヒーには、クロロゲン酸などのポリフェノールが豊富に含まれています。コーヒー1杯<約140cc>には約280mgのポリフェノールが含まれ、これは赤ワインと同程度、お茶の約2倍にあたります。

 

ポリフェノールは5000種類以上あると言われており、ワインのアントシアニン、お茶のカテキン、ココアのカカオポリフェノールなどはポリフェノールの仲間です。

 

コーヒーを飲むと、生活習慣病のような糖尿病やがん、動脈硬化などの予防になるという報告があるそうです。それには、ポルフェノールが深く関係しているのではないかと言われています。

 

フィンランド国立公衆衛生研究所の調査によると、生活習慣が原因の2型糖尿病を予防してくれるのだそうです

 

  つまり

・ コーヒーにはクロロゲン酸というポリフェノールの含有量が豊富にある。

ポリフェノールは抗酸化作用があって活性酸素を無効にし、酸化を防ぐ。

・抗酸化作用は生活習慣病などの糖尿病やがん、動脈硬化、老化などの予防をしてくれている。

 

簡単に説明するとこのようになるのではないでしょうか。

 

また、シミについても良い効果があるようです。お茶の水女子大学の近藤和雄教授(現代、東洋大)らの研究グループの発表によると、コーヒーを毎日3杯飲む人と飲まない人と比べたところ、有意に飲んでいる人のシミが少ないことが分かったと報告されています。

 

いずれも飲み続けることが大切ですね。

 

ポリフェノールの1日の摂取量1,000㎎~1,500㎎以上と考えられ、150mlのコーヒーなら3~5杯分と言ったところでしょうか。

ポリフェノールは他にも沢山の食品に含まれていますが、身体に貯められない物質なため、毎日摂る事に意味がありそうです。

 

【コーヒーと病気の予防】

1)高血圧症・糖尿病・心臓病の予防

コーヒーに含まれるニコチン酸には、コレステロール値を下げる働きがあり、飲み続けることで、善玉コレステロールは増加すると言われています。「心筋梗塞などを予防できるのでは」と期待されています。

 

 LDLコレステロール値や中性脂肪値が高かったり、善玉コレステロール値が低かったりすると心臓への負担もが大きくなります。

 

コレステロール中性脂肪が血管壁にたまると、血管内は狭まったり、詰まったりします。そうなると心筋梗塞脳梗塞などが起こりやすくなります。

 

コレステロール値や中性脂肪値が高いと聞くと「肥満」を思い浮かべると思いますが、そうではない場合もあります。

 

軽度の肥満であっても内臓脂肪型肥満が多いと言われています。内臓脂肪型肥満は高血糖・脂質異常・高血圧などの合併症が高くなります。

 

見た目より中身が大事と言うことでしょうか。いずれにせよ、LDLコレステロール中性脂肪は低いほうが良いと言うことですね。

 

2)肝臓がんへの抑制

コーヒー1日1杯以上で肝硬変の発症リスクが軽減されたり、肝臓がんの低下へもつながっているようです。

 

日本の国立がん研究センターの研究班によると、コーヒーを1日5杯以上飲む人の肝臓がんの発症率は飲まない人の4分の1と発表しています。

 

これはコーヒーの抗酸化、抗炎症成分がC型肝炎の進行を抑え、肝臓がんへの進行を抑制しているのではないかと推測されています。

 

肝硬変が進むと肝炎や肝臓がんに移行する可能性もあります。お酒の飲み過ぎには注意ですね。

コーヒーは二日酔いにも効くようなので、飲みすぎたときはオススメです。

 

*大腸がんの発症率に関しても、毎日飲む人は、飲まない人の半分以下に抑えられているそうです。

 

3)2型糖尿病予防効果

1日6~7杯のコーヒーを飲む人は2型糖尿病の発症リスクが低下すると報告されています。

 

フィンランド国立公衆衛生研究所の調査によると、生活習慣が原因の2型糖尿病を予防してくれるのだそうです

 

コーヒーにはクロロゲン酸(ポリフェノール)が豊富に含まれており、抗酸化作用の働きにより血糖値を下げる効果があり、糖尿病の予防に役立つとされています。

 

4)認知症アルツハイマー

スウェーデンフィンランドの合同チームの報告によると、中高年の時コーヒーを1日3~5杯飲んでいた人が高齢になった時、認知症アルツハイマー病を発症するリスクが低かったそうです。

 

コーヒー豆・茶葉・粉末ドリンク

【コーヒーの効果的な飲み方】

・飲むならブラックそしてホットが一番良いのです。ただし、寝る前に飲むことは控えたほうが良いかと思います。カフェインによる覚醒効果や利尿効果で睡眠を妨げる恐れもあります。

(カフェインの持続時間は人それぞれですが、5時間前後と言われています。)

 

ミルクや砂糖は脂質を取ってしまうことになります。からだに良いことをするならブラックですよね。

ブラックが苦手な方で、好きだから飲んでいるのであれば自由ですので、コーヒーを楽しく美味しく飲みましょう。

 

・カフェインには、集中力を高める効果もあり、自律神経の働きを高め、体脂肪を燃焼させる効果もあると言われております。血中濃度が最大になるまで、30分~1時間程かかります。ですから、運動の20~30分前に飲んでおくと運動中に効果が最大になるということです。ダイエットにもオススメです。

 

・食べすぎた時の胃のもたれや不快感がある時、また、飲みすぎた時や二日酔いなどの時カフェインは利尿作用があるため、アルコールが分解されて出来るアセトアルデヒドを排出させることが出来ます。

お酒を飲んだ後は車を運転することはNGですが、コーヒーを飲むことはオススメです。

  

【 おわりに】

いかがだったでしょうか?「コーヒーが身体の健康や美容にどんな効果があるのか」という疑問が少しわかったのではないでしょうか。

 

「健康にあまり良くない」と悪者のような扱いをされていたコーヒーに、これだけの効果があるということがご理解できたと思います。

 

私もコーヒーは好きでよく飲んでおりますが、これだけの効果があることに驚いております。

 

ただ、すべての人に効果があるとは言えませんので、そこのところはご理解い頂きたく思います。 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

あなたのお役に立てることを、心より願っております。