あなたは私 私はあなた

心と身体の癒し、全ての繋がりを探し求めるブログ

節分には、豆まきと柊鰯と魔(鬼)除けの風習・・・

f:id:tsubaki333tan:20190525233634j:plain

 

こんにちは、ツバキです。

  

今日は節分ですが、節分といえば豆まきや恵方巻きなどを思い浮かべるのではないでしょうか。家族揃って「鬼は外、福は内」聞こえてきそうですね。


節分の行事はそれだけではないことってありますよね。こちらもお忘れなく飾ってみませんか?玄関に飾る「柊鰯」魔(鬼)除けの風習なんです。

 

今回もちょっとだけ触れてみたいと思います。

 

目次

 

【節分とは】

 

元来,季節の移り変るときをさし,立春立夏立秋立冬のそれぞれ前日であった。しかし太陰太陽暦では立春を年の初めと定めたので,立春の前日すなわち大寒の最後の日を特に節分 (太陽暦の2月3日か4日) として重視した。したがって節分は太陰暦の大晦日 (おおみそか) にあたり,その夜を年越しといって民間ではひいらぎ (柊) の枝にいわしの頭をつけて門戸にかざし,また日暮れに豆まきをして追儺 (ついな。厄払い) を行う習慣がある。

 

節分は冬の最後の日で、旧暦の大晦日に当たります。

 

 

【豆まきと鬼】

f:id:tsubaki333tan:20190525234710j:plain

 豆まきは中国から伝わった風習、疫病をもたらす鬼払いの儀式でした。

日本では昔から穀物である豆には「生命力と魔除けの力」が備わっているといわれ、「魔目(豆)」を鬼の目に投げて「魔滅」し、一年の無病息災を願うという意味合いが込められています。


豆まきに使う豆は、炒った大豆か落花生(ピーナッツ)のどちらかになります。大豆にするか、落花生にするかは、地域によって違うようです。


豆を炒って使うのは、火を入れることで硬くなり、芽が出ないようにするためです。

 

生の豆では拾い忘れた時、豆から芽が出ると縁起が悪いとされ、魔(鬼)の芽が出てしまうといわれているからなのだそうです。


今の時代は、豆を炒ることは少なくなっているのではないでしょうか。

 

すでに炒った豆が売られておりますし、家庭によっては豆違いの小袋に入った豆を袋のまま使うという家庭もあると聞きます。

 

部屋を汚したくない、片付けが大変と言う理由だそうです。
ここまで来ると意味があるのかとさえ思えてなりませんよね。

 

【柊とイワシと鬼】

f:id:tsubaki333tan:20190526000034j:plain

節分の風習として昔は玄関先に「柊鰯」が飾られていました。最近では、恵方巻きブームで薄くなってしまった行事ですが、環境や生活スタイルが変わってきたこともあるように思います。

 

季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると言われ、豆まきと同様に鬼を払うとされています。「柊鰯」には魔除けの意味があり、柊は葉の先が尖っており、焼いたイワシの頭だけを柊の枝の先に刺したものです。

 

節分で魔除けとして玄関や軒先に「柊鰯」を飾るのは、鬼はイワシの臭いと先の尖ったものを嫌うため、鬼の侵入を防ぐからと言われています。

 

古くは平安時代にはしめ縄に柊の枝とボラの頭を刺していた、と土佐日記に記されているそうですが、いつからイワシになったのかは分からないようです。

 

柊の棘で目を刺され、イワシの臭いで鼻をやられた鬼は退散です。

 

おわりに

さて、節分が終わってからの「柊鰯」の片付けですが、地域によって多少の違いはあるようですが、マンションやアパート住まいの多い現代では、節分の翌日には外す方が多いと思います。

 

一般的には2月いっぱいと言ったところですが、次の年までという所もあるようなので、個人の判断ということで・・・。

 

外した後は、お塩で清め白い紙にくるんで処分した方が良いと思います。


神社へ持っていくという方法もありますが、すぐに持っていくことは難しいか受け付けないところもあるかと思います。ご確認くださいね。

 

イワシは栄養価のの高い魚なので、病気の予防にも役立ちます。美味しくいただきましょう。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます。
あなたのお役に立てるよう、心より願っております。