あなたは私 私はあなた

心と身体の癒し、全ての繋がりを探し求めるブログ

股関節の動きが悪いと腰痛を引き起こす その原因は・・・

こんにちは。   ツバキです。

 

腰痛になる前の日、歩いて10分の所へ買い物に出掛けたのですが、その後1時間近く散歩をしました。ゆっくりのんびりと散歩したのですが、気持ちはとてもよかったんです。次の日に腰痛が発覚するまでは・・・

 

実は以前にも腰痛でリハビリに通ったことがありまして、治療の期間が長くかかったことを思い出した次第です。腰が痛くて動けないのはとても辛いですよね。

 

そこで、どうすれば早く軽減させることが出来るか考えました。できればリハビリなどに通うことなく治ってくれるといいかなと思ったので(まだ歩くことができたので)調べてみました。

 

 

目次

 

【腰痛の原因は腰そのものではない?】

慢性腰痛の人に多いと言われている腰痛の一つの原因にお尻の筋肉ではないかと言うことがあります。

 

お尻に筋肉が固くなっていることによって、その姿勢はおしりが後ろに突き出たような感じになり、背筋を伸ばした形になります。

 

その姿勢で前に屈んだ時、腰だけが動いてしまうので痛みが出るそうです。

本来腰椎(腰骨)は殆ど動かないと言われているので、無理をして動かしているということになります。

 

腰椎が動くということは、股関節が動いている状況でなければならないのに、その股関節が動いていないために、伸ばす時もひねる時も痛みが出てしまいます。

 

これはお尻の筋肉が固まっていることにより、股関節が動かない状況を作っていると考えられます。 

 

固まっている筋肉とはお尻の側面の凹んでいる部分の少し上のあたりに、大殿筋と中殿筋が重なっていて触ってゴリゴリする部分のところです。(一番固いところ)

その場所をピンポイントで伸ばしたり、ほぐしたりするほうが効果があるようです。

 

ボールを使ってポイントとなる部分に当てて横になり、自分の体重で押して刺激するとより効果的ですね。(マッサージするのでなく指圧する感じで)約1分くらいが目安だそうです。

足の先から全体的にしびれ感が出ると思いますが、心配ありません。放散痛と言って問題ありません。再度行う時には時間を1時間ほど開けることが必要だそう。

 

腰痛で一番多い原因が、お尻の筋肉が固くなってしまいことで、股関節を動かせなくなってしまって痛みが出ると言えるそうです。


マッサージボール MB Massage Balls トリガーポイント 筋膜リリース (MBX) [並行輸入品]           

                                           

          f:id:tsubaki333tan:20190327003938j:plain

 

【股関節を動きにくくする5つの筋肉】

筋肉が固まっていることで痛みが出ているので、その筋肉をほぐすことによって柔軟になるので、ゴリゴリする部分を押します。一つ一つ確認をしてみましょう。

 

①大殿筋
部位:おしりの横の部分に軽く凹んだ部分でゴリゴリしている所
 上記説明あり 

②大腿筋膜張筋
部位:腸骨と大転子の間の部分で押してみて痛みのある所を指全部を使い筋肉を挟むように掴み、親指で筋肉を押します。(10秒位)

 ③大腰筋
部位:お腹の奥の方にある筋肉(背中からお腹にかけて伸びている部分) 

この部分は深いため、素人には分かりにくいということですので、探し当てるのは無理かもしれません。探りすぎて気分を悪くする場合もあるそうです。

 ④広背筋
部位:腕から肩甲骨、背筋などが重なり合う部分親指を脇の下に入れ、残り4本の指を肩甲骨の方に回し、親指にコリコリと当たる筋肉を掴むようにして押します。(10秒位)

 大腿四頭筋
部位:大腿部(太もも)にある4本の筋肉で全面にある部分腰を後ろにそらした時に痛みが出る、この場合は椅子の上に膝を置き、足先を持ってお尻の方まで引き寄せる。(10~20秒くらい)

 

以上の5つの筋肉の痛みのチェックをして、筋肉を揉みほぐすのではなく、圧迫して緩めてあげます。

 

体を前後左右に動かしてみて、痛みが軽くなるようであれば、その筋肉が原因と言えるそうです。

 

ストレッチの大切さ

 原因は一つだけでなく3つ~4つはあると考えられるそうです。一つと決めつけず、幾つかの筋肉をほぐすことで痛みの軽減に繋がると思います。

 

固くなった筋肉をストレッチしてほぐした後は、姿勢を正しく保つことで、腰痛の再発を防ぐことが出来ると言えます。

 

姿勢が悪い状態で、日常生活を送っていては筋肉は硬くなりま。固くなった筋肉では姿勢は良くなりません。

 

加齢になると特に体を動かすことが少なくなりがちです。日常の中にストレッチをすることを取り入れるのも、筋力低下、腰痛防止になるのではないでしょうか。

 

【おわりに】

腰痛といえばどうしても腰の周りの筋肉ではないの?と思ってしまいますよね。股関節の動きは重要ということは私も聞いたことはあります。

 

でも、股関節を動かすにはその周りの筋肉が重要であることが分かりました。

 

やるべき事を間違えたり、「痛みがなくなったからもういいや」的な考えは良くないですので、専門家の意見も慎重に受け入れたほうがいいようですね。


最後までお読み頂きありがとうございます。

あなたのお役に立てることを、心より願っております。